カーポート

カーポート取り付け工事はリフォーム会社を比較!

カーポート

カーポートの取り付け工事をお考えですか?

 

自分でやることを考えて近所のホームセンターに行く人などもいらっしゃいますが、プロのリフォーム業者に任せた方が何かと安心です。

 

カーポートの取り付け1つでもリフォーム業者は嫌な顔1つでせずに引き受けてくれます。ただし、複数のリフォーム業者の見積リを取って比較することが大切です。

 

一社だけに依頼してしまうと足元を見られる可能性があるので要注意です。

 

ネットで優良なリフォーム業者の一括見積りが無料で、依頼できるので活用しみてください。

 

リノコの特徴

●最短10秒で相場の目安がわかります!
●他社に見積り中でも大丈夫です!
●日本全国の優良施工店から厳選に紹介します!
●悪徳のリフォーム業者は完全に排除!

見積り料金 無料
評価 評価4
対応エリア 全国
リショップナビの特徴

●最短30秒で無料一括見積りが完了します!
●基準をクリアした業者のみ紹介しています!
●複数業者を比較するだけで最大50%オフ
●安心リフォーム保証制度に入っている優良業者を紹介!

見積り料金 無料
評価 評価5
対応エリア 全国

カーポートの施工までの流れ

カーポート

カーポートとは自動車を止めておくスペースで、柱と屋根、そして梁があるだけのシンプルで簡易的なもので壁に囲まれていないものの事を言います。

カーポートを施工するまでの大きな流れはどうなっているのかというと、まずどの業者に依頼するかを決めます。インターネットで検索をすれば沢山業者は出てくるのでその中から選ぶと良いです。
依頼する業者が決まったら、メールや電話で問い合わせます。ネットを使って業者のサイトなどから依頼をすると大体の見積もを自動に出してくれるので目安となり便利です。そして施工業者と連絡を取り、本見積もりを出す為に現場調査をやらなければならないのでその日にち等を決めます。現場調査とは実際に調査スタッフが自宅まで来て現場を見ながら打ち合わせをし調査する事です。現場調査は大体30分〜1時間程度で終わります。数日後に現場調査を依頼人立会いの下で終えたら、その資料を元に業者は会社でカーポート商品本体と工事費などを含めた本見積もりを作り、出来上がったら依頼者にメール等で連絡をします。大体本見積もりが完成するのは現場調査から3〜4日程です。本見積もりが届いたら、値段や工事日数、完成予想図等を見ながらじっくりと検討をして、依頼するかどうかを決めます。この段階で納得がいかずにキャンセルする場合は費用は一切かかりません。

 

本見積もりをチェックして、カーポートの出来上がりや値段等に納得がいけば、ここで正式に商品の発注という事で契約を結ぶ事になります。契約と同時に施工日の日程調整も行います。そして日程の調整が出来次第依頼者に連絡が入ります。正式な施工日の決定は資材を手配したり、施工する業者のスケジュールを調整する必要があるので、本契約を結んでから早くても1週間程度はかかってしまいます。
あとは施工日に工事が始まるのを待つだけとなります。ここまでが業者にカーポートを依頼してから施工に入るまでの大きな流れです。そして工事が終了したら代金を支払って全て完了となります。

カーポート設置のための設備条件

カーポート

家を購入する際に意外に盲点となるのがカーポートです。カーポートに必要な条件として、(1) 車の条件(2)敷地の条件(3)設備条件の以上の3点を十分に把握することが車の出し入れが面倒、洗車などの日々の生活に影響がでてきます。ここではカーポートを設置する際の設備条件について説明します。

 

車を洗車することがありますので、水道は必要となります。カーポートの周辺に水道の蛇口が引けるのかを確認する必要があります。
カーポートに車を置いたまま、洗車ができると便利です。
水道の位置によっては洗車のしやすさにも影響します。
車と水道の位置が離れていると、ある程度の長さのホースが必要となります。
また、洗車した際の排水にも注意が必要です。

 

夜に車の出し入れをすることもありますので、照明は必需品です。
センサーも一緒につけると防犯効果も期待できます。
照明をつける位置によっては夜間の車から荷物の出し入れに影響します。
明るさにも気を付ける必要があると思います。
あまりに明るいと、ご近所さんへの迷惑となる可能性がありますので、
明るさの検討も必要となります。
電源の確保についても確認する必要があります。
どこから電源を取るのか、配線はどうするのか。これによっては
工事費にも大きく差が出ます。

 

最後に収納です。
趣味や時季により必要な荷物がカーポート内にあると車への積み込みが楽になります。
平置きができる場所も必要となりますし、収納棚も必要となります。
常時、車に乗せる必要がない荷物の量がどれくらいあるのかを把握することが
重要となります。

 

年数が経ってくると生活環境も変わってきますし、荷物の量や内容が大きく変わってきます。
ある程度、将来を先読みする必要もあるかと思います。

 

上記の設備条件だけでなく、土地の広さや所有する車によっても条件が大きく変わります。
カーポートの使い勝手がよいとお出かけも楽しくなります。
家の間取りだけでなく、カーポートにもこだわりも持ってみてはいかがでしょうか。

カーポートの種類

カーポート

雨や風、砂などから車を守るためのものである、カーポートにはいくつか種類があります。

車の種類、また住んでいる所に合うカーポートを選んでください。

 

カーポートは形によって2つに種類分けすることができます。
1つは柱が片方についている片流れタイプです。
一方にしか柱がないので設置スペースをとりません。
柱がついてない方がオープンで車を停めやすいというメリットもあります。
このタイプは屋根を狭い所につけたいという人におすすめです。
もう1つは両方に柱がある両側支持タイプなんです、その特徴としては両方に柱があるのでとても頑丈です。
複数の車を停める場合はこのタイプにしましょう。
屋根を4本の柱で支えるものであるため、雪の重みにも耐えられます。
ただし、屋根の材質によっては耐えられないものもあります。
駐車は片流れタイプより難しいですが、慣れればうまく停められるようになるでしょう。

 

カーポートは材質で種類分けすることもできます。
屋根に使われている素材で種類分けします。
屋根に使われている素材はポリカーボネート、スチール、アルミです。
透明なプラスチックのようなものがポリカーボネートなんですが、これは片流れタイプによく用いられているものです。
設置しやすい軽いものであるため、片流れタイプに用いられます。
スチールについては鉄製のものです。
とても頑丈で風や積雪で壊れないところがその魅力です。
スチール製のカーポートは雪が多い地方でもよく見られます。
アルミに関してはスチールと同じく頑丈なものになります。
アルミはスチールよりサビにくいです。
さらに風により強いです。
また、遮熱性もあります。

 

このようにカーポートは形と素材によって種類分けすることができます。
住宅密集地でスペースがせまい場合は片流れタイプを選んでください。
このタイプなら、片方にスペースがあればカーポートを設置することができます。
雪が多い地方の場合は頑丈な両側支持タイプを選んでください。

カーポート設置のための敷地の条件

カーポート

車も財産であり、大切な足です。普段からよく車を使用する人も、休日だけしか乗らないという人も、長年愛用したいのであれば車の状態を長時間良好に保つためにも出来るだけ屋根付きのガレージやカーポートの中に駐車するのが望ましいでしょう。しかし、ガレージやカーポートは意外に広いスペースが必要であり、車種やその台数によって必要なスペースは違ってきます。現在持っている車では問題ない柱の高さではあっても、将来車を買い替えた時にはカーポートの屋根が邪魔で入らなかったということがないように、ある程度考えて設置しなければなりません。駐車スペースと全面道路との位置関係を考え、ドアの開閉と人が通る動線も確保が必要です。

 

ではガレージやカーポートを設置するために必要クリアすべき様々な条件とは何があるのでしょうか。それは車の条件、設備条件、そして敷地の条件です。敷地の条件とは、土地の高低差、設置場所を確保出来るか、道路の状況などです。道路の高低差によっては掘削や土止めなどの大々的な工事をする必要があり、想像以上の費用がかかってしまうケースもあります。

 

また、全面道路が狭い場合には駐車場の開口部を広げることで車の出し入れがスムーズになりますから、特に車の出入りが多い家庭や前の道の交通量が多かったりするのであれば、車庫入れを簡単にする位置や方向とたっぷりしたスペースを用意することが必要です。そして、人の出入りや荷物の出し入れなど、屋内への行き来がスムーズで風や雨や雪などにも濡れずに入れるかどうかもカーポートの使い勝手を大いに左右します。折角カーポートを作っても人が玄関まで移動している間に全部濡れてしまえば台無しです。ですからなるべく玄関や勝手口などに近く、例えば庇づたいに移動することが出来るか、もともと内部から屋内へとつながっている配置がベストです。ガレージを設置する際にはこれらのことを考慮してその位置を考えるようにしましょう。

カーポート設置のための車の条件

カーポート

カーポートを設置するメリットはたくさんありますが、その一つは雨風雪から車を守る点です。もちろん、斜めから降る雨などには対応できないこともありますが、通常の雨や風であれば対応することができるでしょう。また、汚れを防ぐことができる点も魅力的になります。こちらに関しても、100パーセント汚れを防ぐことができるわけではありませんが、野ざらしにしておくよりもはるかにきれいな状態を維持することができるでしょう。

 

このように、便利なカーポートですが、設置する前に調べておかなければならないこともあります。それは、車のサイズになりますが、車のサイズが大きい場合カーポートのサイズも変更しなければなりません。アメリカのように庭がかなり大きければ大きなサイズを利用したとしても問題ありませんが、一般的な日本の住宅ではカーポートが大きいと設置することができないことも考えられます。ではミニバンの中でも大きな部類のものであれば設置するのは難しくなります。このように、自動車の大きさによってまたは敷地の大きさによって設置できるカーポートが異なってくるため、慎重に決めなければならないでしょう。

 

とはいえ、小さいカーポートを利用すれば庭にいれることができる場合でも、車が大きければカーポートからはみ出してしまう可能性も考えられます。そうすると、雨風を避けることができなくなりそもそも設置した意味が半減してしまいますので、やはり大きさは重要になるでしょう。自動車によっては、回転半径も重要になってきます。回転半径が小さなものであればカーポートの大きさがそれほどなくても問題ありませんが、回転半径が大きな車であればぶつかってしまう可能性も考えるため、その点もよく計算して設置する必要が出てくるでしょう。このように、柔軟な対応することでストレスなく設置することができますので、自分でよく考えるか、わからなければ業者に相談をして判断をするべきです。